キャッシング金利

金利って計算するとこれくらいなんです

キャッシングなどでもお金の借入れをした場合、気になるのが利息の問題です。金利が何%かはわかっていても実際にどれくらいの利息になるかは、ほとんどの方は理解していないと思います。

 

利息の計算方法は簡単です。

 

借りたお金×利息÷36,500×借りた日数

 

です。

 

例えば5万円を金利18%で30日借りたとすれば、発生する利息は

 

50,000×18÷36,500×30で約740円

 

です。実際に計算してみると思ったよりも利息は安く感じるのではないでしょうか?

 

金利18%と言うのは大手のほとんどの会社の上限金利です。あまり限度額が高くない普通の方が借入れをした場合はこの金利が適応されます。下限金利として5%などが書かれていると思いますが、普通の方がそんな金利を適応されることはまずありません。

 

ただ、金利18%と言ってもこれぐらいの利息です。キャッシングなどを利用することに躊躇いのあった方も、これなら借入れをすることを敬遠せずに済むのではないでしょうか。

 

もちろん、そうは言っても利息を払うことに違いはありません。使わなくて済む時はもちろん使わず、どうしても必要な時は無理して我慢せずに計画的な借入れをする、それこそが賢いキャッシングの利用方法と言えます。

 

うまく使えばキャッシングは大変便利で頼れるものとなり、特に金利が低い銀行からのカードローンキャッシングなら更に安心ができるものです。銀行も最近では来店不要のオリックス銀行で借りるための手続きをはじめとするネット契約が増えているので、手軽に借りられるようになっています。

 

借りているという意識が薄れやすいキャッシングの注意点

キャッシングは一見便利でとても使いやすそうに見えますが、その便利さにかまけていては、危険な使い方をしてしまうことにもなりかねません。そのメリットとデメリットをしっかり把握して使っていくことが大事なことなのではないでしょうか。

 

メリットとしては、すぐにお金が借りられて、急な時、今月少し足りないからまずい、といった時にとても力を発揮してくれます。コンビニエンスストアのATMだったり、ネットキャッシングだったり、とても簡単で便利にお金を引き出すことができます。急にお金が必要だという人にとって、とても嬉しいシステムですよね。

 

しかし、その反面、デメリットもあります。デメリットとしては、簡単に引き出すことができるので危機意識が薄れてしまい、毎月たくさん引き出して使ってしまうということです。危機意識が無くなっていくというのはとても怖いことで、返済日を過ぎてしまったのに返すことができていないというのはとても恐ろしいことなのです。

 

情報機関に、返済事故を起こしてしまったというデータも残ってしまいますし、信頼もなくなってしまいます。計画性を持って、しっかりと返済日を頭に入れ、利用して行くことが大事なのではないでしょうか。

 

カードローンの審査について

カードローンを利用する際にはその申し込み先の審査に通過しなければなりませんが、それにはある基準とされているものがあります。それは返済能力があるかどうかということです。

 

当然のながらこのサービスを利用した際には返済をしなければならないので、その返済能力がないと判断を下された場合には審査に通過できず利用をすることができません。しかし、昨今はアルバイトやパートで収入を得ている人にも融資が行われています。また専業主婦であっても、夫である人の収入を証明するものがあればカードを使って借り入れをすることができるという場合もあります。

 

カードローンを利用するには申込者の年齢も重要で、20歳以上であり65歳もしくは70歳以下の人であることが必要です。なぜこの年齢に絞られるのかと言えば、この年齢の人であれば一定の収入が見込まれるからに他なりません。

 

審査を受ける際には現段階での他社からの借り入れについても質問を受けることになりますが、このときに虚偽の申告をすると後になってその事実が知られ結果として審査に落ちてしまうということもあります。

 

見栄を張って実際の収入よりも多く申請をしたり、実際の借入額よりも少なく申請をすることは避けなければなりません。

 

カードローンキャッシングは信用が第一です。審査を受ける際には余計なことで信用を落とさないように注意し、特に大手のプロミスの来店不要審査を受ける場合には正しくミス無く申し込みを進めるようにしてください。

2016/12/13 00:10:13 |
キャッシングの会社には色々な種類のものがありますが、その中で銀行系の消費者金融についてご紹介しましょう。銀行系の消費者金融は、コマーシャルなどでよく宣伝されていますが、銀行系のメリットは何があるかをご存知でしょうか。まず、銀行系の消費者金融は、バックに銀行グループがついているため、金利が他の消費者金融と比較して、低くなっています。金利が低いということは借りる側としては、とてもメリットが大きいでしょう。金利が低めになっていることに加えて、ある一定の期間のみであれば、無利息でお金を借りることができるサービスを提供しているのも、銀行系の消費者金融のメリットです。さらに、銀行系の消費者金融の場合は、借...
2016/12/13 00:10:13 |
カードローンは借りたお金の使い道が自由であるということが大きな特徴ですが、例外として多くの業者が事業資金としての使用を制限しています。個人事業主の中には、カードローンで借りたお金が事業資金としても使えたら便利なのに、と考える人もいるでしょう。実は銀行や消費者金融では個人事業者向けのカードローンサービスを行っているところがあります。これは自営業者や、企業に所属せずにフリーランスの立場で働いている人達に特化した融資サービスであり、生活費としての利用はもちろん、事業用資金としての利用も可能という便利なカードとなっています。個人事業者向けローンの良い所は一般のローンと比べて利用限度額が大きいということ...
2016/12/13 00:10:13 |
消費者金融の中でも顧客からの支持率が高くて、契約を結ぶ方が多いのはプロミスです。プロミスは、親身になって相談に乗ってくれるので、キャッシングの経験がない方でも安心する事ができます。分からない事は質問をする事により、丁寧に解説をしてくれるので安心です。疑問を解決してから借り入れをすれば、トラブルを起こす事が皆無となっています。プロミスでキャッシングをする事を決心した場合は、申し込みをしてプロミスの審査を受ける必要があります。審査とは言っても、それほど厳しくないので収入が見込める方であれば、審査に通過をする事が可能です。審査に通過をするとキャッシュカードが発行されるので、これを活用して金銭を借りる...
2016/12/13 00:10:13 |
多重債務の負担を軽減したい。そんな方にお勧めのローンサービスが、おまとめローンと呼ばれるローンサービスです。多重債務状態を解消して借金を一本化するための専用ローンプランであるおまとめローンを利用すれば、取り立てに悩まされることもなくなり、無理のない借金返済プランを立て直すことが可能になります。借金を一本化することで、信用度を挙げる効果も期待できます。クレジットカードの申し込み等では金融に関する信用度が重要になりますが、同じ金額を借り入れているのであれば少額を複数の業者から借りている状態よりも、1社からまとめて借りている状態の方が借り入れ件数が少ないため、信用度度は上にみなされます。きちんと返済...